スポンサーリンク

牧がマー君からマルチヒット 平良は左打者に苦戦続く

03/14 東北楽天3-1横浜DeNA@静岡草薙

2日連続の中止でDeNAは先発投手3人がリレー。3イニングを投げた平良は、左打者に6安打と課題が解消できず。濵口、京山は1イニングを無失点。楽天は田中将と早川の2人でリレー。牧が田中将からマルチヒットをマークしたが、早川には大和のヒット1本、4イニングで5三振を奪われた。

ポジ

牧が田中将からマルチヒット

初回の打席では2球で追い込まれたが、3球目のスライダーを見極め、スプリットがやや高めから落ち切らないところ一二塁間を抜くライト前ヒット。甘めだったとは言え、メジャーリーガー田中のスプリットを初見で打つあたり、非凡なものを感じる。

そして4回の第2打席では、変化球を2球ファウルした後、高めのストレートをセカンドの頭上に弾き返して二塁打。力で抑え込みに来たところ、右方向へ強い打球を放ち、牧の魅力が遺憾なく発揮された。田中将のストレートはまだ全開という感じではなかったが、見事なバッティングだった。

これで3戦連続マルチヒットとなり、打率.381はオープン戦個人成績の3位。同じ大卒ルーキーの阪神・佐藤輝が4本塁打でトップに立ったが、牧も負けじと持ち味を発揮している。開幕まで残り2週間を切って、このまま維持できればスタメンに名を連ねそうだ。来週のオープン戦はレギュラー組として出場する形になるかも知れない。外国人選手が来日できない中、唯一明るい話題。

最有力とされる濵口は1回無安打

2日間中止が続いたため、先発を予定していた京山と濵口がこの試合で1イニングずつ登板した。田中将が5イニング、早川が4イニングを投げた楽天とは対照的に、DeNAは地元登板となった池谷を始め、石田、三嶋も登板させ、京山と濵口は1イニングにとどめた。

20日の出陣式まで正式に発表されることはないが、記者のストレートな質問に候補となっている投手のリアクションも含め、濵口が最有力という見方のようだ。開幕投手であれば、19日のメットライフドームで確実に登板機会を与え、中6日で準備するのが通常と思うが、それを考えるとこの日の登板からは中4日になるので、1イニングくらいの登板が妥当だろう。

もともと金曜に先発を予定していた京山も1イニングだったので、この日の結果からはどちらとも言い切ることはできないが、もう既に本人に通達されているので、この試合の内容は関係しない。この試合としては、濵口が力み過ぎることのない、落ち着いた投球だった。バントの処理もうまくできた。開幕投手と言われていたら、もっと力み上がる気がしていたのだが。

逆に、京山はストレートが150キロに達し、田中将と比べてもボールの力自体は上回っているくらい。しかし、コントロールが少しバラついて甘い球を打たれた。満塁としたが、最後は太田を力でねじ伏せた。様子だけ見ていると、京山が開幕投手を通達されていて力んだように見えたが、果たしてどうだろうか。

ヤジ

平良は課題の左打者に6安打浴びる

もともと先発予定だった平良は3イニングだったが、66球と彼らしくない球数。2月25日に宜野湾で行われた楽天との練習試合では、左打者に連打を浴び8安打6失点の結果だった。この日はリベンジに臨んだが、結果としては打たれたヒット6本は全て左打者で、牧の牽制を後逸するエラーも絡み、3点を失った。

小郷と銀次に2本ずつ打たれ、前回3ランを浴びた辰己にはまたも長打を浴びた。練習試合で5の5だった黒川は途中出場で対戦はなかったが、京山が長打を許した。平良のボールが少し高めに浮いたたところをきっちりと捉えられた。前回も微妙な出し入れができず、球数を要したが、その部分はまだ改善できていなかった。ただ、良いボールも投げられていたので、開幕までの2週間で調整可能かなと思う。来週にはきっちりとした平良らしい投球が見たい。

点が取れないことは想定されたが

3連戦が1試合だけになってしまい、田中将から早川のリレーと聞いていたので、ある程度点が取れないことは想定されたこと。しかし、内野ゴロ間の1点は寂しい。本来なら宮崎の併殺打の間となるところだが、田中将がらしくなく焦って送球してエラー。なおもノーアウト1、2塁のチャンスが残ったところで、細川が併殺打。

2ボールから狙って行ったことは間違いではない。この日は落ちが今一つではあったが、追い込まれたらスプリットもあるし、スライダーもある。初回からファーストストライクに手を出していたので、チーム全体としてそういう作戦だったのだろう。しかし、インサイド高めのツーシーム系に詰まってしまった。ファーストストライクを行くとしても、高低、コースは決めて欲しかった。この日の細川は3打席、あまりにも内容が悪い。福岡には帯同させるようだが、これが続くなら蝦名と入れ替えるべきだろう。ポジションや立場は異なるが、同学年の牧の活躍に焦りも出てきているのではないか。

この日に限っては、田中将以上に早川が良かったので、やむを得ない面はある。ずっと打っていた関根もストップ。初回からノーアウト1塁で高めのボールでポップフライを上げるなど、内容が良くなかった。ソフトバンク投手陣はさらに厳しいかも知れないが、PayPayドームで結果を出して行きたい。

キジ

マー君効果でスタンドは賑わい

あまりにスタンドに人が入っていることに、違和感を覚えるくらいだから、この1年ですっかりWithコロナの日常に慣れてしまったのだろう。緊急事態宣言の出ていない静岡での試合は、スタンドがかなり埋まっていた。7,590人の観衆なので、もの凄く多いわけではないが、マー君効果と好天が手伝って外野スタンドも開放する盛況ぶりだった。

3塁側はかなり青く染まっており、神奈川などのベイスターズファンが遠征した様子がTwitterのタイムラインなどからも見て取れた。楽天は数年、オープン戦期間は静岡草薙を拠点としており、静岡の方々にも楽天のオープン戦がおなじみになってきたか。昨年は全て無観客で開催された。来年もベイスターズ戦が組まれるようであれば、行ってみたい球場だ。

大貫が9奪三振、山崎は回跨ぎ

ファーム春季教育リーグ@スカスタ
読 000 020 000 | 2
デ 010 003 11X | 6

ファームでは、こちらも開幕投手候補の大貫が先発。5回2アウトを取ったところ、2、3塁のランナーを残して飯塚に交代した。球数を決めてあったのか、飯塚にこういう場面でリリーフさせたかったのか不明だが、その飯塚が石川にフェン直の逆転2点タイムリー二塁打を打たれたため、記録上は大貫が2失点となった。しかし、この内容であれば、全く問題ないだろう。

昨年の今頃だとファームでもそこそこ打たれていたピッチャーなのに、格が違うというばかりのピッチング。自信から来る余裕を感じる姿だった。2回に1アウトから八百板に三塁打されたが、連続三振で切り抜けた。3回も先頭にヒットを打たれ、バントで1アウト2塁。さらに、中山のピッチャーゴロを弾いて、記録は強襲ヒットとなり1アウト1、2塁。ここも石川、陽を連続三振で切り抜けた。そして、4回は3者連続三振で合わせて5者連続三振。ピンチを招いても落ち着いていて、圧巻の投球だった。

相手がファームということを差し引いても、投げているボールで判断するなら、先週のハマスタでのオープン戦でも書いた通り、大貫で文句なしなのだが。スカスタのスピードガンは143キロ前後の表示だったが、打者が遅れていた。石川や陽といった1軍を経験しているメンバーも手玉に取る内容だった。火曜は地元開幕の後、中日との対戦が多いので、特に昨年11連敗で終わったバンテリンドームを考えれば、大貫をあえて火曜というのも考え方としてはあるかも知れない。濵口、京山、上茶谷、大貫、平良、入江といった感じか。来週も見て予想してみたい。

一方、7回から登板した山崎が、8回も回跨ぎでマウンドに上がり、三振で1アウトを取ったところで交代した。

19歳高卒ルーキーの菊田はツーシームで空振り三振、育成の平間は粘られたが142キロのインサイド低めへのストレートで見逃し三振。湯浅は140キロの低めストレートで詰まらせて浅いセンターフライ。三者凡退で片付けた。8回の先頭、中山には143キロのストレートで空振りを奪い、3球三振。

山崎との対戦経験がない打者がほとんどだったということもあるが、3三振は好材料。スピードガン表示は145キロに満たないものの、ボールの軌道が良く、速く見えた。本人としても納得の行くボールを投げることができ始めている手応えがあるのではないか。

満塁から乙坂の2点タイムリー、楠本のタイムリーで逆転したこの試合だが、7回裏に1アウト1、3塁から蝦名のフラフラと上がった浅いライトフライで、3塁ランナーの森がホームへ突入。ヘッドスライディングでセーフになったが、あれだけ浅い当たりで還って来れる足は魅力。2点リードでギャンブルできる場面だからこそではあるが、早く森がハマスタで躍動するところを見たいと思わせてくれた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました